2016年03月17日

アルテカ野村紘一氏と野村充宏氏が考える住居へのこだわり

住宅は生活の中心となる場であり、生活を快適にするためには住宅の質にこだわる必要があります。野村紘一氏は住宅に総合的な価値を提供するべく、衣食住のバランスが大切だと考えています。住むところにこだわりたいのはみな一緒ですが、着るものと食べるものも無視できないでしょう。特に食生活は健康を維持するために欠かせないポイントなので、ここは十分にこだわりましょう。野村紘一氏の代表作であるベルテシリーズにおいても、こだわりが反映されているのがわかります。
アルテカ野村紘一氏がここまで有名になったのはベルテシリーズの存在が非常に大きいです。それまで億ションという言葉は日本に存在しませんでした。3,000万円クラスのマンションならば相当に高額と言われていた時代に、1億円に達する物件など誰も予測できないでしょう。他社から見ても億ションを投入する考えは持っていませんでしたが、こうした状況だからこそ動くべきだとアルテカは考えたわけです。
今始めればライバルの先を行けるかもしれないと考えた野村紘一氏は、早急に億ションのベルテ原宿を送り出しました。当初は成功するかどうか半信半疑だったと言いますが、何もしなければチャンスは巡ってきません。動くべきタイミングを逃してはいけないと思ったのです。実際にあのタイミングを逃していれば、次のチャンスは巡ってこなかった可能性があります。チャンスをモノにすることは非常に大切で、それは人生においてチャンスがやってくる頻度が少ないからです。
野村紘一氏と野村充宏氏の行動力の言動になっているのは先見性であり、常に先を見越したうえで活動しています。世の中の需要と供給は常に変化しており、今は誰も見向きもしないものが将来的にヒットするという事例は無数にあります。売れるものを作り出すためには、チャンスを逃してはいけないのです。考えすぎていると行動力を押さえつけてしまうので、考えすぎないことも成功するうえで大切になります。
posted by マニ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年03月10日

アルテカ野村紘一氏と野村充宏氏が考える社会貢献の内訳

社会貢献をしたいと常に考えている野村紘一氏は、不動産を通した事業を展開しています。不動産というとお金持ちが所有するものと思うかもしれませんが、実際はほぼすべての人が不動産が身近にある生活をしています。住居を例にしても不動産であり、それは購入・賃貸を問わずに言えることでしょう。不動産業界は世の中全体に大きな影響力を及ぼしており、不動産業界が動くときは10を超える業界が動くと言われています。
アルテカの野村紘一氏は青山を拠点に活動しています。都心に物件を構える理由はシンプルで、地価が高額ゆえに価値のある物件が誕生するからです。地価が安定していると、売却するときに値が下がりにくいメリットがあります。都心の住宅は建物よりも圧倒的に土地のほうが価格が高く、それゆえに地価が高額なエリアに建設することに意味があります。価値が安定していれば、住宅を所有すること自体が資産運用になるのです。不動産を活用した資産運用は、資産を安定させる意味合いがあります。
先行きが不安定な時代だからこそ、不動産を所有地しておく価値があります。高級マンションを購入すれば、老後に住むところに困ることはありません。確かに賃貸は気楽ではありますが、自分の所有物にはならないです。自分の資産を形成するためには、やはり購入するしか方法はないわけです。億ションの代名詞であるベルテシリーズは、著名人からも絶大な評価を得ています。
野村紘一氏は多くの芸能人との人脈を築いており、なかには親子でベルテシリーズに住んでいる芸能人もいます。これほど大きな人気を獲得できた理由は、やはりニーズを把握してから設計しているためです。何をすればお客様は満足するのか考えるのはもちろん、購入者を富裕層に限定しているのも大きいでしょう。ターゲットを絞ることでコンセプトを明確にできるなど、数多くのメリットがあるのです。野村紘一氏が大成功できたのは、高級マンションに重きを置いたことが大きいです。今後は野村充宏氏も協力し、さらなる活躍が期待されています。
posted by マニ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

等価交換方式と不動産総合商社アルテカの野村紘一氏と野村充宏氏

東京都心の一等地に土地をもっているのはそれだけでも羨ましく見えますが、実際にはさまざまな困難がともなうことから、見た目と内実とは違う点には留意しなければなりません。とりわけ地価が高い東京では、相続税や固定資産税といった公租公課の負担は気がかりなところです。相続で土地を取得するのはほとんど偶然に近いタイミングで訪れますが、もしもこのような場合に更地のままであったとすれば、収益の目処もないのに多額の税金を納付することになり、とても負担には耐えられそうにはありません。そこで最近では生前から節税のためにマンションなどの上物を建てておき、土地の価値を減額するテクニックがさかんになってきていますが、実はこれにもいろいろと不安な点があります。
マンション開発をする場合にまず問題となるのが資金であり、個人の場合には相当の資産を別にもっていたり、職業柄収入が安定しているなどの要素がないと融資にゴーサインが出ないことがあります。かといって土地の一部を売却して資金を捻出し、残りの面積だけで開発をしようとしても、最初に大きな面積だったころに比べると小規模な建物しか建てられず、効率性を図ることができません。そこで土地を手放さず、資金も捻出することなく開発をすすめるための方法として編み出されたのが等価交換方式です。
等価交換方式は不動産総合商社のトップの野村紘一氏が開拓した方法ですが、地権者は土地を差し出し、デベロッパーが建物を負担して共同で開発事業を行い、最後に地権者は土地相応の区分所有権を取得する内容となっています。アルテカ野村紘一氏のこの方法であれば、地権者は最初から多額の資金を用意する必要がなく、現物をもって足りるわけですし、デベロッパーも用地買収が不要といったメリットがあります。つまりは事業にかかわっている当事者の双方がメリットを得る、ウィンウィンの関係となるすぐれた方法です。今日では野村紘一氏や野村充宏氏の手を離れて、他のデベロッパーでもさかんに採用している方法となっており、市街地再開発事業などの公共の事業でもよく目にするところです。
posted by マニ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする