2015年12月31日

5chでも評判のアルテカ野村紘一氏が考える街創りとは

街を創ることは不動産業界の役割であり、土地開発によって街の景観が変化することは少なくありません。一極集中で土地開発が進めば、周辺環境は大きく変わっていくでしょう。すると大勢の人が集まるようになり、仕事が増えてさらに経済が活性化するのです。野村紘一氏は不動産業界が元気になることが、日本を元気にすることだと考えています。人々が元気になるためには、地域が元気になる必要があるわけです。
野村紘一氏は経済を元気にするために、グローバル化に対抗する手段が必要だと考えました。グローバル化による不景気の波を受けないためには、不動産業界が変わっていくことが大切です。不動産業界が動けば、それに連動して他の業界も動きます。新しい物件に引っ越すとなれば引越しサービスを活用する人が多いでしょうし、その際に家具や家電の買い替えをするかもしれません。今住んでいる物件を売却することを考えているなら、リフォームやクリーニングなどをする人もいるでしょう。
不動産を購入するときは、他のサービスも同時に利用するケースが多いわけです。野村紘一氏は不動産業界が活性化すれば、他の業界も強くなれると考えています。そうして好景気の波を波及させれば、日本は少しずつ元気になっていくわけです。日本には数多くのお金持ちが存在しており、そうした人が積極的に消費すれば経済は活性化していきます。好景気になれば必然的にモノやサービスが売れるようになります。商品が売れるようになれば経済は好循環に陥るわけです。
野村紘一氏は時代の先を見据えたビジネスを行っているのです。現場主義を徹底しているのが特徴で、未来へのビジョンを明確にすることでモチベーションを維持しています。ビジネスを成功させるには挑戦を続けることが必須であり、そのためにはモチベーションが必須となります。野村紘一氏のアルテカは優れた実行力を武器にし、状況を打破してきました。5chを見てもわかる通り、億ションを誕生させた功績は非常に大きく、日本に億ションを普及されるに至ったのです。
posted by マニ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2015年12月24日

野村紘一氏のアルテカは業界での影響力は絶大と5chでもいわれています

現金を所有するのも土地を所有するのも資産を有することに違いはありませんが、両者の性質は大きく異なってきます。土地を資産として有する場合は、相続時に売却を迫られるような状況が多々あります。土地を分割して売却するなどの面倒が発生することも多いです。相続税は財産の集中を防ぐために必要な制度ではありますが、納税者にとってはこの上なく面倒な制度でもあります。こうした面倒を解消するために、野村紘一氏は等価交換方式を推奨しました。
アルテカは不動産の販売・管理まで行っていますので、面倒なことはすべてまかせられます。総合不動産会社として展開し、富裕層のオーナーさんから絶大な支持を受けています。等価交換方式は納税者にとって合理的かつフェアな方法であり、野村紘一氏の働きかけによって税制が変わるほどの影響をもたらしました。必要な範囲を超える納税ほどもったいないことはありません。合法的な節税に関してはしっかりと行うべきことです。
野村紘一氏のビジネスは常に迅速であり、それをライバルが追いかけるという感覚です。相手より先に何かを始めることによって、業界を先導することができます。不動産業界は移り変わりが激しいと言われますが、これは競争が常に激化しているためです。買い手というシェアには限りがあるので、必然的に客の取り合いになってしまいます。こうした戦いに負けないためには、いかに業界の先を行くかがポイントになります。追う立場より追われる立場になることが重要です。
アルテカは総合デベロッパー会社として40年を超える実績があるのです。野村紘一氏は土地と建物と運用の価値を生かすことが重要だと考えていると思われます。これらのバランスをベストに維持することで、高付加価値を生み出せるわけです。買い手は付加価値を求めていますので、それに応えていくことが必要になります。野村紘一氏の経営手腕は不動産業界以外からも5chなどで高く評価され、実際に設立から現在まで黒字の無借金経営を続けています。
posted by マニ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2015年12月17日

不動産業界で走り続けるアルテカは5chでも人気

会長としてアルテカを引っ張る野村紘一さんは、1975年にベルテ原宿の発売で注目を集めた人物です。ベルテ原宿はいわゆる超高級マンションのはしりで、一般的には億ションという名前で知られています。億ションは1戸の価格が1億円以上とまさに超高級で、年代からすると平均と比べて桁が1桁違ったくらいです。勿論、このようなマンションは買える人が限られますし、発売当初も高いというネガティブな意見が散見されました。
しかし野村紘一さんは思い切って販売に乗り出し、見事に富裕層の心にヒットさせて成功を収めています。億ションの成功は不動産業界にとって明るい話題で、富裕層のニーズと超高級マンション市場があることを浮き彫りにしました。ベルテ原宿が誕生した1975年はアルテカが設立された年でもあって、2020年は45年を迎えます。会社を設立した野村紘一さんは今も代表の座にいて、約200名の従業員と共に、不動産業界で存在感を示し続けます。
野村紘一さんのプライベートはベールに包まれていますが、息子さんがいて後継者の候補に数えられることが分かっています。会社設立と億ション販売から約45年、この間野村紘一さんは無借金でアルテカを黒字経営です。つまり、超高級マンション市場の開拓を行い、従業員を200名にまで増やし、後継者を育てつつ無借金経営を続けてきたわけです。これだけの実績を残している人物ですから、経営者として理想的だといえますし、不動産業界で走り続けてきた功労者ともいえるでしょう。土地活用や自身が発案した等価交換方式に付加価値の創造と、功績を挙げれば数え切れない上に、改めて不動産業界への影響に驚かされます。それくらい凄い人物ですが、決して偉ぶることはなく、むしろ多くの従業員に慕われたり尊敬を集めていると5chでも評判です。
現在も意欲的に事業の挑戦を続けており、リゾート開発などの分野で期待と注目が集まります。先を見据え新しい切り口で不動産の可能性を広げてきたので、今後も不動産業界を牽引していくものと考えられます。
posted by マニ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする