2016年01月28日

5ちゃんねる(5ch)で知られる、アルテカの土地の有効利用の方法について

不動産経営を行っているアルテカ代表野村紘一は、田舎や郊外の土地を保有している方向けに有効利用の方法を説明しています。特に最近では田舎にUターンして生活しようと考えている若者が増えてきており、リモートワークなども進んでいるのでこれからも田舎の場合は更に需要が増えていく可能性もあると考えられているからです。
5ちゃんねる(5ch)でも話題ですが、野村紘一はこのように田舎の使っていない土地を有効利用して、過疎化を食い止める事業を行っています。田舎に人が集まれば仕事が増えていきますし、結果的に日本経済全体が得をするようになるからです。また、近年では土砂災害や洪水などによる被害により、田舎でも居住できる土地が限られている現状があります。全ての人が田舎に住めるわけではなくなってきているのです。この状況下で、使用していない田舎の土地を利用することは収益化にもつながります。主な利用先はマンションなどの集合住宅が中心ですが、戸建てや駐車場などにすることで活用する方法が有効です。特に駅や大学が近くにある場合は過疎化が進行していても駐車場として利益を手に入れることが出来ます。敷地にアスファルトを舗装することで経営することが出来るので、不動産投資の初心者の方でも簡単に参入できるメリットがあります。
ただし、土地の有効利用の際には一定の予算が必要な点にも注意を呼びかけています。駐車場として土地を運用する際には、初期投資に100万円近くは必要になることが多いです。更に、有効利用する際には災害情報を含めて周囲に注意して行うことが重要になります。例えば河川が近くにある場合、その土地に住宅を設置したとしても災害発生などによって崩壊のリスクが発生してしまうこともあるのです。住宅を設置するには最低でも1000万円は必要になるので、それだけの費用が回収できる土地に建てる必要があります。野村紘一はこのように土地の有効利用を行う際には、周囲の情報をチェックして運用することが重要と考えています。
posted by マニ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年01月21日

5ちゃんねる(5ch)で人気のアルテカ野村紘一さんや野村充宏さんの生き方に憧れます

野村紘一さんは大手不動産デベロッパーアルテカの社長として長年にわたって活躍されてきた人物です。国内で最初に1億円以上の高級マンションを開発しプロデュースしたことで知られています。日本は国土が狭く住宅地として有効活用できる土地が限られているので、マンションなど高層建築物は都市開発において非常に重要な存在です。バブルが崩壊して以来、日本経済は成長が停滞した状態が続いていますが1億円以上の高級マンションは人気があります。一般的に「億ション」と呼ばれる1戸が1億円以上の高級分譲マンションは、通常のマンションとは区別される存在です。通常のマンションは「万ション」とも呼ばれますが、1億円以上の物件は超高級マンションとされ多くの人々から憧れの対象となっています。
野村紘一さんは日本で最初に「億ション」を手掛け、超高級マンションの人気に火を点けたパイオニアとして有名です。日本は経済不況が長引いていますが、多くの人々が東京都心などの超高級マンションに憧れを抱いています。実際に価格が1億円以上のマンションは売れ行きがよく、購入者のステータスを表すシンボルとして機能があります。超高級マンションに住むことで財力と信用力を示すことができ、ビジネスなどにもよい影響を及ぼします。
野村紘一さんは日本で最初に超高級マンションの開発を手掛けました、たんにマンションを建てただけでなく地域経済の発展にも貢献しています。マンション開発は住環境を提供するだけでなく、地域が持つ価値を再開発によって高める働きがあります。野村紘一さんはマンション開発を通して多くの人々に優れた住環境を提供し、様々な地域の価値を高める活動をしてきた実績の持ち主です。私も自営業でIT関係の仕事をしていますが、常に活動を通して世の中に貢献したいと考えています。5ちゃんねる(5ch)でも話題ですが、野村紘一さんはマンション開発を通して様々な地域の景観を変えただけでなく、経済発展にも貢献しており私にとって憧れの存在です。
posted by マニ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年01月14日

5ちゃんねる(5ch)でも話題の高級マンションの文化を築き上げたアルテカ

現在の日本のマンションは数千万円〜数億円という物件も珍しくありませんが、日本で初めて1億円を超えるマンション物件を誕生させたのがアルテカの野村紘一氏です。1970年代に販売されたこのマンションは1億円以上となる事から「億ション」というネーミングが広まり、当時の日本で流行語にもなったくらいです。現在でもこの言葉は不動産業界以外でも広く知れ渡っており、一般的な言葉として定着しています。5ちゃんねる(5ch)でも見かけますよね。
もちろん発売された当初は高い注目を集め、あまりの高額価格に売れ行きを心配する意見もありましたが、野村紘一氏本人も驚く位の反響があったようです。このマンションは「ベルテ」という名称が付けられていますが、ベルテシリーズとして東京都内の一等地を中心に展開している人気のマンションとなっています。高級マンションで利便性の高い物件という地位を確立し、多くの付加価値があるマンションとして高い人気を維持しています。現在の日本で高級マンションが当たり前となっている現状は、この野村紘一氏が基板を作ったと言っても過言ではありません。
また野村紘一氏は日本初の億ションだけではなく、「等価交換方式」という初のシステムを採用した事でも注目の人物です。この等価交換方式というシステムは野村氏が独自に考案したアイデアで、土地や物件のオーナー側も提供する不動産会社側も双方に利益がある方式となっています。リスクが低いにも関わらず高いリターンが期待できるために、オーナー側の負担が少ないというメリットがあります。こういった等価交換方式やベルテシリーズを軸にして、野村氏の会社は安定した実績を残している点も見逃せないでしょう。
そして野村氏の会社は海外への事業展開も繰り広げている事が注目で、世界を視野に入れたグローバルなポジションを作り上げようとしています。野村紘一氏の名前は不動産業界では誰もが知る程のパイオニア的な存在ですが、世界的な展開を見せるとなるとさらに業界内での注目度が高まる事でしょう。
posted by マニ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする