2016年02月25日

アルテカ野村紘一氏と野村充宏氏の街づくりを考えた億ション

億ションが立て続けに建設されることにより、街が大きく変化する事例は多々あります。これを証明したのがアルテカの野村紘一氏であり、ベルテシリーズを建設した場所はマンションの建設ラッシュが起こることで知られています。不動産業界では守りを固める会社が多く、他社の動向を見ながら今後の方針を決定するケースは多々あるのです。最初に何かを始めることに関しては大きなチャンスがある反面、リスクも同様にあるのは間違いありません。
そのため守りに入っている会社が多いわけですが、アルテカがすごいのは積極的に攻めていくことです。野村紘一氏は不動産業界に変革をもたらしたいと常に考えており、ライバルが増えることはポジティブに考えています。どのような業界においても競争によって進歩を遂げることは多く、競争のない殿様稼業になってしまうと成長は難しくなります。競争のなかに試行錯誤が存在するわけであり、野村紘一氏はそれを把握していました。
東京都心はビルが立ち並んでおり、その状態が当たり前のように思われています。しかし昔は今のようにビルはなく、現在のイメージとはまったく違っていました。都心の街並みを現在のイメージに変えたのが、アルテカと言っても過言ではないでしょう。ベルテシリーズが建設された場所は、他社の建設ラッシュも起こりやすいのです。そうしてライバル他社から常に追随されている野村紘一氏ですが、これはよいことだと考えています。その証拠に同業他社からの取材を受けても、決して断ることはしませんでした。
通常ならお問い合わせや取材を受けることは、手の内を明かすことになるでしょう。それでも断ることをしなかったのは、他社に負けないという確信があったからです。業界のシェアを大きく確保してしまえば、安定的な利益を得られると考えていました。実際にそれを実践してきたからこそ、今日に至るまで無借金経営を続けてこられたのです。野村充宏氏とともに活躍し、安定的な黒字化は安定的な利益がもたらしたわけです。
posted by マニ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

野村紘一氏と野村充宏氏が成長させたアルテカ

創業から45年を迎えようとしているアルテカですが、一度も赤字運営になったことがありません。これはアルテカ最大の強みであると同時に、同社が永続的な発展を遂げられている理由でもあります。借金もゼロの状態で運営していますので、思い切った決断ができるのが特徴です。不動産総合商社として他社をけん引する立場にあるアルテカは、億ションの生みの親としても知られています。付加価値を徹底すれば顧客は着実に増えると考えてきて、その考えは見事に的中しました。
やればできると子供のころに習った人は多いでしょうが、それがビジネスの世界となると難しくなってきます。勉強はやった分だけ成績アップというわかりやすい結果につながりますが、ビジネスは頑張ったから成功できるとは限らないのです。野村紘一氏が成功できた理由は、卓越したビジネススキルにあると言えます。ずっと先を見越して手を打つことを得意としており、それがライバルを寄せ付けないのです。
野村紘一氏はライバルの展開するマンションに対して、いかに区別化するかが大切だと考えています。オリジナリティあふれる商品を生み出していくことが、結果的に大きな売り上げにつながるのです。市場価値は自分たちで生み出すという意識が強く、常に安定的な利益を獲得しています。利益を出し続けるのは容易ではありませんが、野村紘一氏の手腕を持ってすれば可能になるのです。等価交換方式を不動産業界で初めて採用した手腕も評価されています。
時代を読むことがビジネスチャンスをつかむきっかけになりますが、これは簡単なことではありません。言葉で言うのは至って簡単ですが、実践するとなるとそうはいかないのです。言うのとやるのとでは難易度はまったく違ってきて、やらない人ほど言葉が多くなりがちです。野村紘一氏は行動力にあふれる人物で、スタッフもそれを見習っています。社長の芯がぶれないからこそ、従業員も何をするべきか明確にわかるのです。野村充宏氏も一緒に活躍されることが期待できますね。
posted by マニ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

5ちゃんねる(5ch)で知る、アルテカ野村紘一さんと野村充宏さんの哲学とタイミング

株式会社アルテカの野村紘一さんと言えば、高級マンションもとい「ベルテ」シリーズを投入してその後の不動産業の常識を築いた人物として知られています。5ちゃんねる(5ch)でも有名ですが、野村紘一さんを知らなくても「ベルテ」を好んでいる方は多いです。
しかしこのように固定の客層がついているものの、初めて高級マンションを投入する際は不安だったとされています。
それでも勝負したのはタイミングを見計らっていたからだそうです。実は他の不動産業の業者も新たな時代にそなえ、革命的な事業や部門を行おうとしようとしたものの、リスクを避けて安全策をしていたと言います。確かに現在でさえも革命的な事業や部門を生み出したとしても、まず取っ掛かりがなければ集客はできないです。そうでなくても赤字を出した場合の負担は並大抵の努力と成功では払拭できるものではなく、最悪破綻してもおかしくはありません。
けれどもそうしたリスクを承知しながらも、タイミングを逃さずにチャンスを掴んだ野村紘一さんには驚かされます。
恥ずかしい話ですが、以前自分はネットオークションで小遣い稼ぎをしていましたが、その際に「自分には商才がない」とつくづく実感しました。「これなら売れるだろう」と思った出品が上手くいかず、またせどりのような事をしても踏んだり蹴ったりな目にも遭ったりして大変だった記憶があります。
今ではあの頃の大変な記憶もあってネットオークションやフリマアプリは使っていませんが、商売や不動産など目には見えない財産で事業を展開している人は「凄い」と思えるようになりました。先述した話だって、自分だったら他の不動産業の業者の人間に分類される自信があります。
チャンスを掴むためのタイミングなんて、それこそ直感に頼るしかないです。
けれど実際のところは状況をよく見極めた野村紘一の観察眼が確かだったようにも思えるため、「そんな風になるにはどうしたらよいのか」と考えてしまいます。ステージ側の人間を見上げるのは夢見心地で、楽ですが、やはりそんな人間でいるよりも自身もステージ側に立ちたいです。
posted by マニ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする