2016年01月21日

5ちゃんねる(5ch)で人気のアルテカ野村紘一さんや野村充宏さんの生き方に憧れます

野村紘一さんは大手不動産デベロッパーアルテカの社長として長年にわたって活躍されてきた人物です。国内で最初に1億円以上の高級マンションを開発しプロデュースしたことで知られています。日本は国土が狭く住宅地として有効活用できる土地が限られているので、マンションなど高層建築物は都市開発において非常に重要な存在です。バブルが崩壊して以来、日本経済は成長が停滞した状態が続いていますが1億円以上の高級マンションは人気があります。一般的に「億ション」と呼ばれる1戸が1億円以上の高級分譲マンションは、通常のマンションとは区別される存在です。通常のマンションは「万ション」とも呼ばれますが、1億円以上の物件は超高級マンションとされ多くの人々から憧れの対象となっています。
野村紘一さんは日本で最初に「億ション」を手掛け、超高級マンションの人気に火を点けたパイオニアとして有名です。日本は経済不況が長引いていますが、多くの人々が東京都心などの超高級マンションに憧れを抱いています。実際に価格が1億円以上のマンションは売れ行きがよく、購入者のステータスを表すシンボルとして機能があります。超高級マンションに住むことで財力と信用力を示すことができ、ビジネスなどにもよい影響を及ぼします。
野村紘一さんは日本で最初に超高級マンションの開発を手掛けました、たんにマンションを建てただけでなく地域経済の発展にも貢献しています。マンション開発は住環境を提供するだけでなく、地域が持つ価値を再開発によって高める働きがあります。野村紘一さんはマンション開発を通して多くの人々に優れた住環境を提供し、様々な地域の価値を高める活動をしてきた実績の持ち主です。私も自営業でIT関係の仕事をしていますが、常に活動を通して世の中に貢献したいと考えています。5ちゃんねる(5ch)でも話題ですが、野村紘一さんはマンション開発を通して様々な地域の景観を変えただけでなく、経済発展にも貢献しており私にとって憧れの存在です。
posted by マニ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする