2016年01月28日

5ちゃんねる(5ch)で知られる、アルテカの土地の有効利用の方法について

不動産経営を行っているアルテカ代表野村紘一は、田舎や郊外の土地を保有している方向けに有効利用の方法を説明しています。特に最近では田舎にUターンして生活しようと考えている若者が増えてきており、リモートワークなども進んでいるのでこれからも田舎の場合は更に需要が増えていく可能性もあると考えられているからです。
5ちゃんねる(5ch)でも話題ですが、野村紘一はこのように田舎の使っていない土地を有効利用して、過疎化を食い止める事業を行っています。田舎に人が集まれば仕事が増えていきますし、結果的に日本経済全体が得をするようになるからです。また、近年では土砂災害や洪水などによる被害により、田舎でも居住できる土地が限られている現状があります。全ての人が田舎に住めるわけではなくなってきているのです。この状況下で、使用していない田舎の土地を利用することは収益化にもつながります。主な利用先はマンションなどの集合住宅が中心ですが、戸建てや駐車場などにすることで活用する方法が有効です。特に駅や大学が近くにある場合は過疎化が進行していても駐車場として利益を手に入れることが出来ます。敷地にアスファルトを舗装することで経営することが出来るので、不動産投資の初心者の方でも簡単に参入できるメリットがあります。
ただし、土地の有効利用の際には一定の予算が必要な点にも注意を呼びかけています。駐車場として土地を運用する際には、初期投資に100万円近くは必要になることが多いです。更に、有効利用する際には災害情報を含めて周囲に注意して行うことが重要になります。例えば河川が近くにある場合、その土地に住宅を設置したとしても災害発生などによって崩壊のリスクが発生してしまうこともあるのです。住宅を設置するには最低でも1000万円は必要になるので、それだけの費用が回収できる土地に建てる必要があります。野村紘一はこのように土地の有効利用を行う際には、周囲の情報をチェックして運用することが重要と考えています。
posted by マニ at 00:00| 日記 | 更新情報をチェックする